• vi
  • en
  • ja
  • ko

クリーンルームの空調系統

最近コンピューター生産、チップ生産、半導体等ハイテック製品や製薬品、医療分野等の要求によりクリーンルームの設計・施行の需要が拡大増やしています。全て部屋は清浄度や許可程度の汚染物を制御しないといけない。クリーンルーム用空気清浄器により室内の環境を確保する事が出来ます。

 


  • Đặc điểm
  • Thông số kỹ thuật
  • Kích thước
  • Các tính năng khác

クリーンルーム用空調系統と一般的な空調(オフィスや建物用等)はどこが異なるでしょうか。下記のように具体的を説明いたします:

ご存知た通りでクリーンルームに対して通常に解決しないといけない5つ問題は温度(temperature),湿度(humidity),室圧(Room Pressurization),清浄度(Cleanliness)と互い感染(cross-contamination)です。その代わり一般的な空調は温度と湿度しか2つ問題を解決でき実際に湿度の問題が設計された仕様を不満足になります。クリーンルーム室内に各標準の要求が非常に厳しく要請しています:

1.室圧 (Room Pressurization):

重要な任務は汚染空気、塵、…をダスト部屋から清浄的な部屋へ感染しないよう防止します。基本的な空気の流行原則は高圧エリアから低圧エレアまで流れます。それに対して低清浄度エリアより高清浄度エリアは室圧が高いです。室内の制御するため気圧計を設定し差圧を検査しオーバーフローバルブ(Pass-Through Grilles)を通して自動的に室内の圧力が調整できます。通常に高清浄度を要請するだけでオーバーフローバルブを設置します

室内の圧力を作ることはファンの圧力とクリーンルーム内の給気と排気の差を考慮しないといけない

WHO―GMP (World Health Organization-Good Manufacturing Practice)規格に従う製薬品工場の設計する場合は圧力が順々に+(15Pa), ++(30Pa), +++(45Pa)と考えなければなりません

2.清浄度 (Cleanliness):

室内の清浄度は風流交換回数(循環回数)とフィルターを2つ要素で決まります。一般に高階ビル等向け空調に対しては2~10回ですがクリーンルーム内は循環回数が20回まで、特にチップ製造用クリーンルームは100回までです。循環回数の増加すると粒子濃度や汚染生物が減少します。それでクリーンルーム構造は高階ビルと異なります。

差異清浄度エリアにより循環回数も違います。

例えば製薬品工場において更衣室はE清浄度があり室圧が+(15Pa),循環回数が10ですが薬品調整室はC清浄度があり室圧が++(30Pa),循環回数が20、H12 レベルフィルターである

フィルターの任務は室に入る前に塵を除去することである。クリーンルームの要求によって適切なフィルターを採用します。普通製薬品工場では高効率Hepaフィルター(High Efficiency Particle Air)を採用します

3.交叉汚染 (Cross-Contamination):

交叉汚染について分かりやすくために汚染の定義を説明します。汚染ということは製造、試料取り扱い、梱包、保管、搬送工程等で材料や半製品、製品の表面に微生物、異物、塵、科学的雑物等を感染することである。それによって交叉汚染と言うのは製造過程で材料や製品等に汚染する事です。

交叉汚染は外側と内側があります。製薬品工場の中に交叉汚染は大型エリアの中に製品を生産する事でよりハイテック用クリーンルームは汚染が少ないです。実際にベトナム製薬品工場では一個室大勢薬品を生産するため高清浄度を要求し交叉汚染も制御しにくなります。交叉汚染とは上記の問題を解決しクリーンルームに圧力を作ることです